○一節切(ひとよぎり)とは

室町時代に伝えられたと云われ、竹の節を一つ含むことから一節切尺八と呼ばれています。のちに広まった普化尺八と区別する為、単に一節切と呼ぶことが多いです。

現代の尺八と比べると、音量の小ささ・音域の狭さ・音程の正確性など楽器としての機能は劣りますが、普化尺八には無い素朴な音色が魅力で、近年愛好者が徐々に増えています。

 

写真は一部見本です。一節切の特性上、実際にお吹きになってからお選び下さい。

 

黄鐘(一尺一寸一分)

○煤竹製 漆巻き 120,000円

○黒竹(和歌山県産) 籐巻き 56,000円

○黒竹(和歌山県産) 天地糸巻き 25,000円


一節切用袋(日本製)

○金襴製 2,700円

○正絹製 4,320円